穢れ無き命の為に・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いやり・・・3

<<   作成日時 : 2013/03/13 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0



 2012年2月

 何か言い知れない・・・醜い大きな力が動物に対して行われている・・・
 そんな感じがしている中、読者欄には山の中に母犬と仔犬が捨てられた事が
 載りました。
 これは、担当の皆さまの悲痛な叫びともとれるのです。
       
 その後・・・冷たい雨が何日も降り続き・・・
           
                      さらにまた・・・雪も降りました・・・。

 犬小屋も無い山の中・・・木の葉も無い山の中・・・
 自由に使える手を持つ人間のように、仔犬を安全な場所へ運べない母犬は、
 この生まれた仔犬たちをどうやって守ったのでしょう。

 もう・・・みんな・・・寒さと雪と飢えの中・・・
 成す術も無く・・・
 震えながら・・・
 凍えながら・・・
 捨てられた悲しみの中で・・・
 死んでいった事でしょう・・・。


            決して春を迎えては・・・
                          
                        いないでしょう・・・。 

画像

 



 動物に対する優しさを少しずつ減らしていき、
 ラットの実験によって人間は病気にならず、死にもしない・・・。
 バブルな夢のような幻想を懐かせ慣れさせ、
 おぞましい残虐な施設を乱設し、
 動物福祉の県からそうではない県へ・・・
 変えてしまうつもりでしょうか ・ ・ ・ 。








月別リンク

ブログ王☆ランキングはこちらをクリック!
思いやり・・・3 穢れ無き命の為に・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる